北海道におけるおすすめのスキー場ーその3選

北海道におけるおすすめのスキー場ーその3選

北海道の中心地である富良野のスキー場

夏の北海道観光で人気の富良野地域にあるスキー場は、冬も人気のエリアです。首都圏からは羽田空港から旭川空港まで2時間で到着、その後バスで一時間で富良野市に到着できる便利です。富良野スキー場の山頂からは、十勝連峰が見渡せますし、天気が良ければ大雪山系までを一望できます。この連峰の広さは神奈川県の広さがあるので、絶景を見るだけでも値があるのです。そうして、富良野平野に向けて滑り下りるとホテルの入口に到着です。

パウダースノーのニセコスキー場

北海道のニセコエリアには、新千歳空港からバスで約2時間ほどで到着します。道南の主峰羊蹄山は、約2000メートル級ですが単独でそびえているのでどこからでも見ることができます。見る角度で、微妙に山容が変わるのも人気の秘密です。そうして、スキー場にはニセコアンヌプリを中心に、ニセコヒラフ、ニセコワイフが連峰となって待ち受けています。それぞれの山にスキー場がありますが、嬉しいのは山頂までのリストが共通で利用できることです。

札幌の奥座敷定山渓温泉を拠点にスキー三昧

北海道の大都市札幌の定山渓温泉があります。新千歳空港から札幌まで列車で30分、札幌駅から約40分ほどなので交通の便が良いのです。この温泉街を拠点として車で30分圏内に2つのスキー場があります。一つは、道央圏内で最も早くスキー場をオープンするところです。もう一つは、歴史のあるスキー場で小樽に向かう途中にあります。一日滑って陽が暮れるころに戻っても近いので安心です。スキー三昧の旅行者には、おすすめのスキー場となります。

スキーツアーなら北海道がおすすめです。北海道の雪はパウダースノーと言われるほど質の良い雪なので、スキーには最適な雪質なので人気があります。