初めての命名!失敗しないでつけてあげるコツってあるの?

初めての命名!失敗しないでつけてあげるコツってあるの?

親としての最初の仕事です

赤ちゃんが出来て、産まれてくるまでの間に、パートナーと話し合って決めるのが、子どもの名前です。つまり、親として最初に子どもにしてあげる事の出来る仕事が、命名だと言っても過言ではないでしょう。最近、子どもに付ける名前にキラキラネームなどが流行っているようですが、将来を考えますと、あまりにも奇抜で読めないような名前だけは避けてあげたいものです。では、子どもに命名をする時のコツとは、一体何なのでしょうか。

名付けをする為に、下調べをしましょう

子どもの名前に、自分たちの名前から一字漢字を取るという人もいるでしょう。また、好きな漢字をどうしても使いたいという人もいるでしょう。ですが、ここで大切になってくるのが、その漢字の持っている意味をきちんと調べるという事です。漢字の意味を調べる事で、読み方も調べることが出来ます。あまりにも読みにくくなるような当て字になってしまいますと困りますが、前後の漢字の意味を考えて、それにふさわしい読み方を考えるのであれば、問題はありませんよ。

名前の意味をきちんと考えよう

自分が子どもの立場になって考えてみましょう。自分の名前には、どういった意味があるのだろうかと親に聞いた時に、何も答えが返ってこなかったら、とてもさみしい気持ちになりますよね。名前というものは、その子の一生を左右するものになります。ですので、好きな漢字だから、とかいったような、安易な気持ちで名前をつけてはいけないものなのです。愛情をこめて名前を考えれば、自然と由来は産まれてくるものです。子どもの命名は、親の大切な最初の仕事として、きちんと考えるようにしましょう。

姓名判断が気になる時は、占い師の口コミサイトが参考になります。ランキングも載っていますので、よく当たる占い師が見つかります。